花粉症

花粉症はアレルギー性疾患の一つです。

 

春に流行る花粉症はスギ花粉がアレルゲンですが、そのほかにもブタクサ、ヨモギ、イネ科の植物による花粉症もあります。

 

体内にアレルゲンとなる花粉が入ってくると、鼻や目の粘膜に炎症やかゆみを引き越し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの不快な症状を引き起こします。

 

そんなとき、うっ血除去、抗炎症、抗カタル、粘液溶解作用のある精油で不快な症状を和らげましょう。

 

花粉症に最も効果の高い精油ティートリー。

ティートリーに含まれる1.8シネオールという成分が、鼻や喉の粘膜の炎症を抑えるのに効果的です。

 

◆鼻づまりの改善

ティートリー

アロマスプレーを作ってマスクに吹き付ける

 

◆くしゃみ、鼻水を緩和

ユーカリグロブルス

ハンカチやティッシュに2滴垂らし、深呼吸しながら吸入。

 

 

ラベンダーの精油に含まれる酢酸リナリルという成分に鎮静効果があり、ヒスタミンなどの作用を受けにくくすることで炎症やかゆみが抑えられます。

ラベンダーの精油を吸入することで粘膜が正常化し、花粉に過敏に反応しなくなるよう働きかけてくれます。

 

◆鼻症状の改善

真正ラベンダー

芳香浴やハンカチに垂らして吸入する

 

◆頭をすっきりさせる

ローズマリーカンファー

グレープフルーツ

をディフューザーに垂らして芳香浴。

 

 

◆メディカルアロマを実践する前に精油の選び方

 

◆メディカルアロマを行う際の注意点

 

 

*精油を使用した花粉症対策は、医療ではありません。

個人差があり、人によっては合わない場合もあるのでお気を付けください。

精油の原液で肌に直接つけないようにしてください。

また、アレルギーや持病を持ってる人、妊娠中やお子様は専門家や医師にご相談ください。

あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。