風邪・インフルエンザ対策

疲れが溜まっていたり、寝不足が続いたり、食生活が不規則だと体力が低下し、

免疫力が低下し風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

 

風邪のほとんどは複数のウイルスに感染することで発症し、症状はウイルスによって異なります。

また、冬季に流行するインフルエンザは、インフルエンザウイルスによって感染し発症します。

 

メディカルアロマセラピーで使用する精油には

殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用、免疫力作用を持つものがありますので、

風邪やインフルエンザの予防や諸症状の緩和に効果的です。

 

◆お部屋の空気の除菌に

ティートリー

ユーカリラディアタ

レモン

をディフューザーに入れ香りをお部屋に拡散させます。

 

◆喉の痛み

ディートリー

ユーカリラディアタ

植物油に希釈し喉と前胸に塗布。

 

◆鼻づまりを解消

ペパーミント

ユーカリグロブルス

いづれか1 滴をハンカチやティッシュに垂らしてゆっくり吸入。

 

◆咳がひどいとき

咳が止まらなくなって夜眠れないときに塗布すると呼吸が楽になってぐっすり眠れます。

サイプレス

ユーカリラディアタ

ティートリー

バジル

植物油に希釈し、寝る前に前胸に塗布。

 

◆発熱した時

ペパーミント

冷水を張った洗面器に2滴、垂らし入れ 、よくかき混ぜタオルを浸して絞ったものをおでこや脇の下、鼠蹊部に当てて冷湿布。

 

 

 

 ◆メディカルアロマを実践する前に精油の選び方

 

◆メディカルアロマを行う際の注意点

 

 

 *精油を使用した風邪、インフルエンザ対策は、医療ではありません。

個人差があり、人によっては合わない場合もあるのでお気を付けください。

精油の原液で肌に直接つけないようにしてください。

また、アレルギーや持病を持ってる人、妊娠中やお子様は専門家や医師にご相談ください。

あくまでも自己責任にてご使用をお願いいたします。